旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
地理雑学 [日本地理]

日本で一番暑い場所はどこ?

日本で一番の暑さ(日本の最高気温)は、2013年8月12日に高知県の四万十市(江川崎観測所)で観測された41.0度です。第2位は2007年8月16日に埼玉県の熊谷市(熊谷地方気象台)、および岐阜県の多治見市で観測された40.9度です。

日本で暑い所というと南のほうにある県だと思われそうですが、過去最高気温の一覧を見ると日本各地で記録されています。調べてみると緯度の低さよりも、内陸盆地に位置する、ヒートアイランド現象、フェーン現象、などの地理的条件が暑さに影響するようです。

日本の最高気温ランキング

順位気温(℃)観測地点都道府県観測日
1.41.0江川崎高知県2013年8月12日
2.40.9熊谷埼玉県2007年8月16日
-40.9多治見岐阜県2007年8月16日
4.40.8山形山形県1933年7月25日
5.40.7甲府山梨県2013年8月10日
6.40.6美濃岐阜県2018年7月18日
-40.6かつらぎ和歌山県1994年8月8日
-40.6天竜静岡県1994年8月4日
9.40.5勝沼山梨県2013年8月10日
10.40.4越谷埼玉県2007年8月16日
参考56.7※世界最高気温 Death Valley, CA, USA

「気象庁資料」より(2018年7月18日時点)

四万十市について

2013年8月12日に国内最高気温を記録した四万十市の観測所のある場所は、四万十市北部にある江川崎(えかわさき)という地域です。1,000メートル級の山々に囲まれた盆地状の地形で、太平洋沿岸から数十キロメートル離れた内陸部に位置します。

全国有数の暑い街、熊谷

2007年8月16日に埼玉県熊谷市で観測した40.9度は、それまでの国内過去最高気温(1933年7月25日、山形県山形市で40.8度を観測)を74年ぶりに更新しました。その熊谷が暑い理由として、以下のようなものが挙げられます。

1. 熊谷は関東平野の内陸部にあり、もともと気温があがりやすい場所に位置する
2. 東京都心、さいたま副都心で熱せられた熱気が、海風にのって熊谷に運ばれてくる
3. 西風が秩父の山を越え下降気流になると、乾いた暖かい風となって熊谷を吹き抜ける(フェーン現象)

アメダスについて

アメダス(AMeDAS)とは、地域気象観測システムのことです。アメダスの観測所は全国に約1,300箇所あり、降水量、気温、日照時間などの観測を自動的に行っています。高知県四万十市の41.0度や岐阜県多治見市の40.9度は、アメダスによって観測された値です。

関連記事

サイト内を検索する
地図サービス [Google Maps]

地図の場所: 江川崎(高知県) / 熊谷(埼玉県) / 多治見(岐阜県) / 山形(山形県) / 甲府(山梨県) /

コントロールを表示 マーカーを表示
▲このページのトップへ